スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回「避難・長期保養を考える人のお話会」のお知らせ

第3回

「避難・長期保養を考える人のお話会」開催のお知らせです。

前回、前々回と、公表いただきましたこの会も第3回になりました。

今回は六花みまのお誕生日でもある3月1日に開催致します♡

(ギリギリのお知らせですみません!)

移住が決まっているよ、という方もぜひ。

もちろん初参加大歓迎!ですので、お気軽におたちよりくださいませ。



以下詳細です。

日時 : 3月1日(金)午前10時~午後2時 (会場は5時までお借りしています)

場所 : 武蔵浦和コミュニティセンター第6集会室

参加費 ; 100円 (会場費に充てさせていただきます。)

お子様スペース作ります♪

お弁当をお持ち下さい、みんなでお喋りしながら食べましょう^^

私も避難・保養の会はいつもとっても楽しみにしています。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。


血液検査結果データ提供のお願い

この度六花では、皆さまが医療機関で測定されました
お子様、大人の方の血液データの検査結果の統計の情報を得るため、
皆さまに提供を募集する事になりました。

数を集めて、全体の統計を出し傾向をまとめることで、
血液の状態(推移)から、健康への影響などのヒントが得られるかもしれません。
提供してもいいですよ、という方は六花までデータを送って頂ければと思います。

是非、宜しくお願い致します。



データをお預かりする際の必要事項

検査をされた方

*お名前(お子様の場合は、保護者の方のお名前もお願いします)
*ご住所(○○市○○区等でも結構です。)
*生年月日
*メールアドレス
*性別
*体重
*既往症(あれば)


また、2回、3回と数回に渡る血液検査のデータをお持ちの場合、
1回目と2回目の間に避難や保養、また何かされたことなどありましたら明記して下さい。




お名前、ご住所、生年月日等はデータ整理上ですので、公表することはありません。
個人情報は、一切外部へは出しません。

会での活動や、データからの傾向等を知るために使用致します。
専門家の方等に相談する時などにデータを元にさせて頂く等の場合もございます。
その際には、報告をまとめたいと思います。

ご提供を持って、血液データの使用に了承頂きました事とさせていただきます。

データの集め方

スキャナーをお持ちの方、PCにデータを取り込める方は
形式問わず、六花 mamirokka@gmail.com までメールにデータを添付の上
必要事項を記入して頂いて、送信して下さい。


PCにデータを取り込めない方は郵送にてデータのコピーを
〒338-0007
埼玉県さいたま市中央区円阿弥7-6-1-102 六花 河淵 まで
必要事項のメモ等をご同封の上、お送り下さい。




ご質問も六花までお気軽にご連絡下さい。

mamirokka@gmail.com

みま、石垣島到着!

こんにちは。みまです。

10月に行った我が子ども達の血液検査の結果があまり良くなく、私自身も妊娠した事もあり、思い切って保養する事にしました!

なぜ石垣島かと言うと、地震・原発事故からの母子避難を受け入れてる団体があって、経済的にここが1番良かった…
遠いので交通費はかかってしまうけど。
何ヶ月か滞在する事を考え、ここに決めました。

家は母子専用シェアハウスで、何家族かで一緒に暮らします。
石垣市内に何箇所かあるシェアハウスですが、私達がお世話になってる家は現在うちのみ。

石垣空港に近く、市街地からちょっと離れますが海が近くてのどかな所です。

息子は今週から学校へ通い始めました。

石垣市は給食も全て検査してから調理しているので、安心です!


命が大事、子は宝。いちゃりばちょーでー(行きあえばみな兄弟)。
沖縄ではこれらが根付いているので、放射能の影響でこっちへ保養に来ましたと言うと、命がまず大事だよ、しばらくここにいなさい。とどこでも言われます。

ホームシックになる事もあるけれど、地元の人の優しさに触れると頑張らなきゃ!と思います。

移住・長期保養を考えている人のお話会」無事終了♪

IMG_5239.jpg

12月11日、「移住・長期保養を考えている人のお話会」が終了しました!
参加者は20名、なんと、自己紹介だけで時間が終わってしまう(4時間!)という驚きのお話会でした。
皆さん、話したい事がたくさんたくさんあって、これまでどこでも話せなかった事、どうして移住を考えているのか、身近な人と放射能の話題を共有できない苦悩、行政とのやり取りでの悩み、本当に自己紹介だけで、十分今まで悩みぬいてきた事が伝わり、みんな頷き、共感しながらお互いの考えを聞きあう、すごくすごく良い4時間になりました。

中には目を潤ませながら、お話しされる方も少なくありませんでした。
今まで、どこへ行っても話せなかった事、本当に食べものに気を付けてマスクしていたら大丈夫なの?という想い。
家族なのにいくら伝えても理解してもらえない、孤独感。
そういう出せる場がなかった感情がやっと出せる…。
六花も同じ思いです。
こうして、同じ思いを抱えた人達が繋がれた事、とても嬉しく、またすごく安心感も感じました。
一人じゃないというのはすごくすごく大事なことです。

また、課題も見えてきました。
家族間、夫婦間で移住という意思を理解してもらえない事。
どうにか手探りでみんなで解決策を探していきたいと思いました。

今回は移住避難に関する資料をいくつか用意して行ったものの、そこまでたどり着けずにタイムリミット!
また、次回開催する事を決めて解散となりました。

今回はご参加下さった皆様、ありがとうございました!
また次回も初めての方も気軽にご参加くださいませ♪

「お父さんのための真面目な放射能授業」無事終了しました。

IMG_4013.jpg
とても良い2時間半でした。
全席満席になり、とても内容の濃い素晴らしい授業になりました。先生の生徒(参加者さん)を引きこんだ授業にもとても感動しました。

私が素晴らしいと思ったのは、やはり、学校で授業をされている力量と言うか、「ん?」と参加者が疑問を持つような専門知識の個所で、必ず一般の人が理解できる説明が、分かりやすく、そして楽しく入るところが、さすがで聞き入ってしまいました。
また、今回はスタッフでいろいろ相談した、お父さん向けの趣旨である、X線と比較した安全論、飛行機での被ばく安全論などとの比較、素晴らしかったです。
また、外部被ばくに対して、内部被ばくの危険性の比率なども、なかなか普段聞けないと思います。
新聞に本当なら大々的に扱わなければいけなかった事柄が、こんなに小さく扱われているという説明も、今の報道では知らない事実がいっぱいある、事実が隠されているという意識に繋がってくれるといいなと思っています。
普段、「こうだから安全」と簡単に信じてしまう事の逆説も、きちんと説明があれば納得できるのですが、これが一般人にはなかなかできません。(^^;)

川根先生の力量に改めて感動しつつ、ですが皆さんそれぞれ得意分野というのがあり、自分の得意な事を頑張りながら、裁量ある川根先生をサポートする形で活動していけば、それは大きな力になるのではないかな~なんて、感じました。

最初に会場に入られたお父様のお顔が出るときにはほぐれていて笑顔も見られたので、今回は本当に開催して良かったと思っています。



野菜販売の方も大変好評で、ネギ、春菊、国産のブロッコリーなどは飛ぶように売れました!

この度はご参加いただいたみなさま、そして本当にバタバタでしたがスタッフの皆さま、そして川根先生!本当にありがとうございました!
六花と共同主催させて頂けて、私もほんとうに勉強になりました!

Pagination

Utility

プロフィール

六花

Author:六花
はじめまして☆六花(rokka)です。
さいたま市在住、母親でもあるマミコとみまの二人で結成しました♥
放射能から子ども達を守るために、被曝を少しでも減らすために日々奮闘しております。そんな私たちの活動や生活の工夫、気をつけている事など発信していきたいと思います。
何かありましたらいつでもコメントください♫

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。