スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPに移転いたします。

この度、六花のHPを作りました。

こちらのブログからHPへ移転いたします^^

これからはHPにて、様々な情報を掲載致しますので、HP共々これからも六花を宜しくお願い致しますm(__)m


新しいHPはこちらです。


六花HP http://rokka.ciao.jp/
スポンサーサイト

内海聡医師 講演会 「心の病に薬はいらない!」開催のお知らせ。

内海聡医師 講演会
「心の病に薬はいらない!」を開催いたします。

7月6日(土)18時30分より

浦和コミュニティセンター 第13集会室

要申込
参加費 申込あり500円
    当日 600円

申込URL http://form1.fc2.com/form/?id=844089
      (メールフォーム)


向精神薬による薬害は後を絶ちません。
現代医療の本質に迫り、言われるがままに薬を飲み続け病状を悪化さ
せていくシステムについて、また現代の心の病気とは…
通院すればするほど病状が悪化していくシステムについて、自分たち
でできることは何か、一人一人が考える力をつける時。
向精神薬と医療の裏側を突いた、内海先生のお話です。

内海聡医師 講演会チラシ


今までやってきた放射能とはちょっと方向性が違いますが、
六花は様々な社会問題と向き合いたいと思っています。

うつ病や統合失調症、パニック障害などなど
また、ショックなことからPTSDと言われ向精神薬を飲んでいるなど
身近にそういった人を知っている、ご自身がそうである、という方も少なくないと思います。

また、現代ではすぐに
「心の病気だ」
「精神科を受診してみたら?」
などと会話に出ることも多く、そういった事の本質や危険性を知らずに
うつ病や精神科という言葉ばかりが独り歩きしています。

私はずっと、もっともっと根底にあるものを見ずにうつ病や心の病気は語れないと思ってきました。

内海聡医師は、厳しいことを言いますが、
話されることは、純粋な心で聞けばスッと腑に落ちることばかりです。

興味のある方はぜひいらしてくださいね^^

福島の子どもを救うための何かがしたい。

優先順位、というものについてずっと考えています。

2年前、震災の映像をテレビで見て、
生後1か月の血乳飲み子を抱えてあまりにも無力だった自分。

放射能の恐怖に怯えながらも必死に勉強して、
やっぱり関東も安全ではないと、様々な事をやってきた。つもり。

もう、あの原発事故から2年が経過してしまった今、
現実を見てみると、どうしても目を逸らす事の出来ない事実は
福島の子どもが置き去りであるということ。

私は、この地で、関東も危ないと大きな声で訴えてきたけれど、
もちろんその活動を辞めるつもりはないけれど、
それよりもなによりも、今、優先順位という観点で物事を見た時に
私たちは、「福島の子どもをなんとかして守ること」を最優先させなければいけないのではないか?
ずっとずっと、その思いが消えません。

そして、何ができるか、何をしなければならないか、
考えて考えて、それでも答えが見つからずにここまで来てしまった。

しかし、福島の子ども達にはタイムリミットがある。

今、何をしていいかわからない、と言っていたら、
きっと何もできないまま、時間ばっかりが過ぎてしまう。

なんでもいいから、とにかく具体的な一歩を踏み出さなければ、
タイムリミットがある以上、手遅れになる。

そう、思いました。

関東に暮らす私達が出来る一歩とはなんだろう?

何ができる?

私は、福島の子ども、妊婦を集団疎開させるべきだと思っています。
市ごと、県ごと、ごっそりと移動させるべきだと。
でも、それを国や行政に求めているうちに、どんどん時間が経ってしまう。

国に税金を払っている、そのお金を一時的にでも福島の疎開のために使ったら
可能になるのでは?
支援してくれる場所、団体を募って、半年~1年、どーんと疎開できるような
そんなシステムは作れないかな?

疎開した事を責められないような福島県の空気を取り戻す事は出来ない?

毎日考えているけれど、
どうしてもいい答えが出ない。


だけど、やっぱり、優先順位は、一刻を争う福島の子どもを助けること。

なんとかしたい。


思いばっかりが今は溢れているけれど、是非力を貸して下さい。

なにか浮かんだら、是非提案して下さい。

みんなで力を合わせて出来る事を考えて、実行したい。

そう思っています。


福島の子ども達を一人でも救えるように、なにか、しなければ。

第3回「避難・長期保養を考える人のお話会」のお知らせ

第3回

「避難・長期保養を考える人のお話会」開催のお知らせです。

前回、前々回と、公表いただきましたこの会も第3回になりました。

今回は六花みまのお誕生日でもある3月1日に開催致します♡

(ギリギリのお知らせですみません!)

移住が決まっているよ、という方もぜひ。

もちろん初参加大歓迎!ですので、お気軽におたちよりくださいませ。



以下詳細です。

日時 : 3月1日(金)午前10時~午後2時 (会場は5時までお借りしています)

場所 : 武蔵浦和コミュニティセンター第6集会室

参加費 ; 100円 (会場費に充てさせていただきます。)

お子様スペース作ります♪

お弁当をお持ち下さい、みんなでお喋りしながら食べましょう^^

私も避難・保養の会はいつもとっても楽しみにしています。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。


移住・長期保養を考えている人のお話会」無事終了♪

IMG_5239.jpg

12月11日、「移住・長期保養を考えている人のお話会」が終了しました!
参加者は20名、なんと、自己紹介だけで時間が終わってしまう(4時間!)という驚きのお話会でした。
皆さん、話したい事がたくさんたくさんあって、これまでどこでも話せなかった事、どうして移住を考えているのか、身近な人と放射能の話題を共有できない苦悩、行政とのやり取りでの悩み、本当に自己紹介だけで、十分今まで悩みぬいてきた事が伝わり、みんな頷き、共感しながらお互いの考えを聞きあう、すごくすごく良い4時間になりました。

中には目を潤ませながら、お話しされる方も少なくありませんでした。
今まで、どこへ行っても話せなかった事、本当に食べものに気を付けてマスクしていたら大丈夫なの?という想い。
家族なのにいくら伝えても理解してもらえない、孤独感。
そういう出せる場がなかった感情がやっと出せる…。
六花も同じ思いです。
こうして、同じ思いを抱えた人達が繋がれた事、とても嬉しく、またすごく安心感も感じました。
一人じゃないというのはすごくすごく大事なことです。

また、課題も見えてきました。
家族間、夫婦間で移住という意思を理解してもらえない事。
どうにか手探りでみんなで解決策を探していきたいと思いました。

今回は移住避難に関する資料をいくつか用意して行ったものの、そこまでたどり着けずにタイムリミット!
また、次回開催する事を決めて解散となりました。

今回はご参加下さった皆様、ありがとうございました!
また次回も初めての方も気軽にご参加くださいませ♪

Pagination

Utility

プロフィール

六花

Author:六花
はじめまして☆六花(rokka)です。
さいたま市在住、母親でもあるマミコとみまの二人で結成しました♥
放射能から子ども達を守るために、被曝を少しでも減らすために日々奮闘しております。そんな私たちの活動や生活の工夫、気をつけている事など発信していきたいと思います。
何かありましたらいつでもコメントください♫

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。